ROHS指令のことを知り人体の影響を理解!

男女

商品輸出の基礎知識

欧州連合地域に製品を輸出する目的で、ROHS分析を依頼する場合には、料金や納期などを総合的に考えて業者を選ぶべきです。セットプランを活用するのが費用を節約するコツであり、目的や輸出地域に合わせて、分析を依頼するのがポイントです。

レディ

特定化学物質禁止

2006年2月にEUで電気電子製品の含まれる特定有害物質の使用制限令を出しています。鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEが指定され、さらにフタル酸エステル4物質が加わります。そしてROHS分析を受けるなら実績があり、認定試験を受けた信頼できる分析機関で受けることです。

顕微鏡

信頼を得るために

ROHS分析は、専門業者に依頼すると確実です。業者を選ぶ際は、どのような方法でROHS分析を行っているのか、専門のエキスパートはどれだけ所属しているのか、過去にどれだけの実績があるのか、といった点にポイントを置きましょう。

女性

業者の見極めをして

化学物質を規制する指令の一つにROHS指令があります。ROHS分析とはROHS指令で規制された物質を分析することです。全10物質あり、どれだけ分析するかで費用は変わります。スピード、費用、信頼性が選ぶときのポイントとなります。

女性

環境コンサルタントの起用

UEで発令されたROHS指令により、日本の機会メーカーは大きな問題を抱えることになります。特に2014年に見直された改正ROHS指令の内容は重大です。改正前の6物質に加えて、フタル酸エステル4物質がプラスされたのです。ROHS分析の問題を打開するためにも、環境コンサルタントの起用は大変重要です。

ROHS指令物質の分析

顕微鏡

分析料金と実績の比較方法

日本メーカーの電気製品や電子製品は世界で高く評価されており、欧州に輸出される例も少なくありません。欧州連合加盟国にそうした製品を輸出する場合に注意しなければならないのは、ROHS指令と呼ばれる電子・電気製品中の有害物質使用制限です。ROHS指令では人体に有害な影響を与える4種類の重金属と、2種類の臭素系難燃剤の合計6物質が指定されていました。2019年からはプラスチックの可塑剤に使われるフタル酸エステル4種類も加わることが決まっており、合計10物質が規制の対象となります。欧州連合加盟国に電子・電気製品を輸出しているメーカーでは、それら10物質が製品中にどれだけ含まれているかを分析しなければなりません。自社で成分分析できる設備を整えている企業は少ないため、多くのケースでROHS分析を請け負う専門の分析機関に依頼することになります。ROHS分析では費用が一番の問題となりますが、インターネットで検索すれば分析料金を公開している分析機関が多く見つかるものです。蛍光X線を用いた簡易分析の料金相場は1万円前後で、鉛やカドミウム・水銀など有害重金属の個別分析には通常だと1万数千円程度かかります。簡易分析や個別分析の料金でも分析機関ごとに差が見られるだけでなく、ROHS6物質または10物質のセット分析で低料金を打ち出しているところも少なくありません。ROHS分析を専門機関に依頼する際には事前に複数の機関の料金を比較することで、分析にかかる費用を節約できます。セットプランを利用すれば10物質の精密分析でも数万円程度で済む低料金の分析機関も見られますが、ROHS分析には試験の信頼性も求められます。ROHS分析機関を選ぶ際には料金だけでなく、これまでの実績や評判などのチェックも欠かせません。料金などの点で納得できる依頼先の候補を絞り込んだら、次はそれぞれの分析機関名で検索してみるといいでしょう。

Copyright© 2018 ROHS指令のことを知り人体の影響を理解! All Rights Reserved.