ROHS指令のことを知り人体の影響を理解!

業者の見極めをして

女性

事前にしておくこと

世界的に、環境問題への問題や長期的な人体への影響を考えて化学物質の使用を規制する傾向が出てきています。ROHS指令もそのような時流の中で出された指令であり、EUから最初の指令は2003年に発表され、二回目の指令が2015年に出されています。最初の指令で6物質が規制対象となり、二回目の指令で4物質が追加されました。そのため、ROHS指令で規制される物質を分析するROHS分析では、最大10物質を分析することになります。ROHS指令で規制される物質を分析することをROHS分析と一般的に呼びますが、ROHS分析は様々な会社からサービスが提供されています。ROHS分析を依頼する前には、どのサービスがよいかサービスを見極めておかねばなりません。比較するポイントは、分析までのスピード、費用、分析の信頼性です。分析までは一週間から二週間ほどかかることが多いですが、中には特急で行ってくれるサービスもあります。早く結果が知りたいときは費用がかかってもスピードを重視するとよいでしょう。費用もかなり差があります。費用については10物質すべてで30000〜100000円ほどとかなり差があります。分析する物質を限ればその分安くなるので、もし含まれていないことがほぼ確実ならばその物質はやめるというのも手です。問い合わせや見積もりなどで比較するとわかりやすいでしょう。信頼性も重要です。ホームページの内容を精査し、信頼に足るのか確認しましょう。

Copyright© 2018 ROHS指令のことを知り人体の影響を理解! All Rights Reserved.